魔の力が真の力へと!聖なる炎を燃やす時

若い女性Iさんは、美しく気立ての良い、誰からも好感の持たれるような人。幸せな家庭を築き、子育てに仕事に更には自分の精神性を高めたいと様々なことを学ぼうとするワンダフルウーマン。素直なので、学んだことをどんどん吸収して前に進んでいく。最近は、富士子さんは母と同じ年です!というクライアントさんもいて、そのような若かく賢い女性から私も多くを学ばせて頂いている。何より、私は自分の経験を分かち合えることがとても嬉しい。

Iさんは、旦那様との関係性に親密さを取り戻したところで、互いの仕事が向上していき幸運の流れに乗り始めてきたところだ。マニフェスト能力が高く、着実に前進していくこの人には、いつも驚かされる。特に、パートナーシップでの難しい課題に向かい合い乗り越えたことは賞賛に値する。

しかし、彼女はそれを喜び楽しもうというよりも、もっとがんばろうとする…

それは、Iさんが本当には心を開いてはいないからなのだ。だから、次の一歩は大きい。そして、準備が出来たからこそ、本当の意味で癒すべき課題は自然に現れてくるものだ。人生がどんどんより良くなっていくのにその喜びを感じることが出来ず、受け取ることを許可出来ないままでいては愛を遠ざけることになる。昨日は、この深い部分い取り組むこととなった。

 

13680624_1709537555965468_224825284588816748_n.jpg

 

大いなる創造の源と繋がり、センタリングしグラウンディングすることで、セラピーの流れはスムーズに展開する。愛以外に勝るものはない!その愛を感じることの出来たその人は、自分の中にあった闇を溶かし、自分の中に存在していた魔の力を真の力に変えていった。ハートを開き、情熱の炎を燃やす時は今。Iさん再び誕生。そして、美しいギフトを手にすることに。

 

自分の中に流れる愛を今こそ創造へと…

私たちの本能が目を覚ます時!まさにこれが今日の新月へのプロセス。本日、11月18日 20:42 蠍座新月。新たなる創造の世界に心を開き、大きく一歩前進。さぁ、冒険しよう。

 

 

16938638_1754888071489780_7097920467440030808_n

 

 

広告

魂の響き合、奄美からアトムタワーへ

IMG_4838

 

久々のBlog投稿です。最近は、遊ぶことが忙しく…これからもっと地球を丸ごと楽しみたい!そんなふうに感じる今日この頃ですが、奄美から帰ってきて一週間が経ちました。今回の奄美滞在は、地元密着する充実した旅となりました。何と言っても、お祭りに参加したことは大きくて、奄人の人々の深い温盛に触れました。龍郷町安木屋場の「種おろし」は、年に一度の伝統行事で2日間夜中まで踊り続ける祭りです。これについては、また詳しく書こうと思います。とにかく、奄美の人びとはネイティブであるということ!ここには人間の原点があると感じました。老若男女問わず、その場にいる全員が本気で唄い踊り、祈りを捧げている姿に感動しました。こんなに楽しい祭りに参加したのは初めて!そして、たくさんのエネルギーを頂いてしまったのです。

 

IMG_5119

 

話は変わって、こちらは都会の聖地と呼ぶに相応しい新橋アトムタワー。

11月11日、この聖なる日に行われた「新たなる時代に向けた人生の選択~アフリカ先住民の叡智・古神道の学びから学ぶ~」と題したイベントに参加し、又しても魂が歓喜に震える体験をしてしまいました。

磯 正仁さんと亭田 歩さん、お二人のお話が聞けるとあって、私はこの日を楽しみにしていました。又、磯さんのお仲間でいらっしゃるKnobさんや石坂亥士さん、魂宮時さんも出演され、それがどれほど素晴らしいものであったかは、もはや説明不可能です。

この日受け取った素晴らしい贈り物に、心から感謝します。在るべき時に在るべき場所にいることができ、大切な人たちと時を共にする。そんな聖なる偶然の一致によって、その時空間に導かれることほどワクワクすることはありません。

 

磯さんと亭田さん…

 

世界中の先住民族との交流を続け、人々が祖先から受け継いできた叡智と共に、人類への貢献を世界に広げていらっしゃるお二人のお話に胸が高まりました。

 

「叡智とは、自分の体験」

「今こそ、行動する時」

「自分の体験したことを伝えるのは今」

 

お二人のその言葉は、すべての人のDNAが目覚めるほどの愛そのでした。

 

IMG_5044

 

太古の島、奄美大島で、大都会の真ん中で、私は同じ感動を受け取りました。もう、心のまま魂として生きる時に来たのだなと本当に思います。私たちは、歓びを分かち合うためにこの地球に生きているのですから。

魂への目覚めが加速されています。

さぁ、一歩前へ…

未知なる世界に飛び込みましょう。

 

cropped-img_4924.jpg

 

 

 

 

 

太古の記憶蘇る

アマミ舞鹿児島御奉納に参加するため、鹿児島を訪れました。ふと振り返ると、昨年の7月に初めてアマミ舞に出会い、身曾岐神社で初御奉納舞を経験させて頂きました。でもそれ以来、まさかこんなことになるとは夢にも思っていませんでしたが、今回の御奉納で何と8回目を迎えました。

私は、勢いづいているのか、宇宙のFlowに乗っているのか自分でも良く分かりません。どんなに気持ちがあっても動けない時というのはあるものですが、舞っているうちに何故かここまで来てしまったのです。続けて来れたのは、常に暖かく見守って下さる師匠の鶴先生を始め先輩や同期の仲間たちのお陰です。いつも思うことなのですが、アマミ舞の皆さんは本当に素晴らしい人ばかり!そして、その団結力は光の御魂のようです。

6月には、伊勢神宮内宮での御奉納にも参加させて頂き、やはりそれは大変貴重な経験でした。もう一度伊勢で舞いたいと思っても叶わぬことかも知れません。しかしながら、今回の鹿児島御奉納はそれ以上に心に残るものになりそうです。今回は、「あわのうた」「君が代」に加え、「森羅万象~七色舞楽~」という最新作がありました。もう何か月も稽古を重ねそれでもまだ完成には至らないという厳しい状況でしたが、今回の御奉納でやってきたことの手応えというか成果を受け取ることが出来たように感じます。

アマミ舞というのは御見せするための舞踊ではなく、祈りを込めた舞です。どうして、アマミ舞に出会うことになったのか又導かれたのか、ようやく最近感じ始めています。はっきり分かるのは、その過程でした自分の選択です。夏至の少し前辺りに、とにかく今目の前にあるものを大切にしよう、一生懸命やってみよう!そう決めただけでした。そして、真の前にあったのがアマミ舞だったのです。

 

鹿児島御奉納は私にとって大きな成長の機会となる、かけがえのない3日間でした。それにしても、鹿児島、霧島、高千穂は素晴らしいところですね。是非、再び足を運びたいです。

私は、南の島にご縁があり導かれていることは確かです。そう、今導かれています。

写真は、今回最初の御奉納のとなった天孫降臨の地と言われる高千穂河原です。ここでの体験を私は生涯忘れることはないでしょう。私は、仲間たちと歓びの舞に酔いしれながら古の記憶が蘇ったかのような、心の羅針盤に向かう波動を感じることが出来たのでした。

 

そして、ここから始まります…

 

高千穂河原

 

 

魚になった日

 

amamiSara

 

2度目の奄美訪問で初めて海に入り、スノーケリングを体験しました。スキューバダイビングという案もあったのですが、今この時期ネプチューンのエネルギーとつながって、海に潜り無意識の世界に飛び込もうと決めました。でもそれは、まさしくGood Timing!こんなにも素晴らしい経験が出来るとは思いもしませんでした。陸から観る海と、海中とでは全く異なるの世界だったのです。

 

23Sep

 

それは、宇宙遊泳のような、又お母さんのお腹の中にいた時の感覚を思い出すかのような不思議な体感でした。こんなにも幸せな気持ちになるなんて…本当に至福に包まれ心地良いのです。体に力が全く入っておらず、宙に浮いているような感覚…何て素敵なのでしょう。ただただ呼吸を感じて、ハートが存在しているのを感じながら漂うことが出来る…そして、海に存在するあらゆる生命の輝きとひとつとなっていきました。

 

amami

 

大きなサンゴの周りには、色とりどりの美しい魚たちが集まっていました。海の底は、光に満ち溢れています。五感が研ぎ澄まされるのを感じながら聖なる空間を漂い、すべてが解放されていくような、この上ない喜びを受け取りました。

奄美の海は優しいです。その波動は、さまに無条件の愛そのものという氣がします。大きな大きな愛に包まれながら、自分という意識が遠のいてゆくのでした。しかしながら、この体験こそが今の私に必要なプロセスだったのです!変化の重要なタイミングである秋分を挟んで、今回奄美に来たのは、この体験をしたかったのだと今ブログを書かながら感じています。

スノーケリングを通して海中の旅を案内して下さった吉岡 大樹さん、本当にありがとうございました。大ちゃんのガイドに心から感謝しています。

 

amamiSEE

 

 

 

 

 

清らかな魂

9月9日の早朝、私の大切な友人がこの世を去りました。大動脈剥離で突然のことでした。あれから3日が経過するというのに、私は未だ放心状態です。山岡裕美さん、ニックネームのひめさんで多くの方に親しまれ、ユニークで頼もしい女性。それでいて慈悲深く、観音様のような大きな愛の持ち主のひめさん。私は、4年前にヤンタラジローさんのWSで出会い、最近では親しくお付き合いさせて頂いていました。

ひめさんは、月に一度、素晴らしいクリスタルがたくさんあることで有名な立川の空手道場をお借りして演奏会を開いていました。毎月テーマを決めて、それに合った幾つものボウルでの素晴らしいセッション!チャクラ調整、エネルギーダウンロードなどたくさんのヒーリングや浄化をサポートして頂きました。遠方からの参加者も大勢いらっしゃいました。私は、ひめさんのアルケミークリスタルボウルの複雑な音色が大好きでした。本当にこの数年間の変化変容を助けて頂いていたなと思います。

そして、今年に入ってからは、お会いするごとにどんどん進化されて光り輝いていかれる姿を拝見し、ひめさん凄いな!と何度も感じさせていただきました。きっと多くの人が、ひめさんの生き方在り方に共感していたことでしょう。それ故本当に信じがたいのです。私は、何かの間違いであって欲しいと何度も何度も祈りました。

今、こうして改めて、私にとってどれほど大きな存在であったか、大切にしなければならないご縁であったのか痛感しています。そして、9月9日という日を選んで逝かれたのかと思うと、その意味の深さに考えさせられます。この出来事によって、只今私の人生にも中断が起きています。

死とは、悲しむべきものではないと頭では理解していても、大切な友人を失うという体験はやはり辛いものです。心の準備が出来ていなかったし、あまりにも急すぎました。しかし、私はそれ以上に、このタイミングであちらの世界に逝かれるということも含め、彼女が私たちに与えてくれたことのすべてに感謝します。

もう直ぐ、お別れの日が近づいています。これは、本当のさよならではありません。でも、大きな意味をもつこの別れを受け容れ、すべてを完了させて新しい地点へと向かっていかなければなりません。

 

ひめさん、あなたは最光です!あなたに出会えて私は、幸せ者です。

本当に本当にありがとうございました。

その清らかな魂に、心からの愛と感謝をこめて…

 

 

18527620_10213220516976972_4108685307411695612_n1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽くて神聖なエネルギーでした!

昨日の満月瞑想会、とっても楽しかったです。昨日は珍しく、男性と女性の割合が良くて、素晴らしいエネルギーを受け取るに相応しい準備が整いました。そして、少し久しぶりの方と、すご~くお久しぶりの人がいました。でも、同じ場所に集うというのは、出会うべくして出会うというか、もしかしたら約束していたのではと思わせる何かがあります。

9月は、完了するということが大切な月です。たわわに実ったジューシーな果実が木からポタっと自然に落ちていく…収穫を受け取ったら、手放し、ひとつのサイクルを完了し終わらせなければならないのです。また、占星学の観点からも今月はあまりにも重要です。ですから、このタイミングでつながる人というのは、大きな意味を持つのかも知れません。

昨日の瞑想会に、すご~く久しぶりに参加して下さったAさんは、長年私の講座やセッションを受講して頂いていた方です。私のところに来て下さる女性は本当にパワフルな人が多いのですが、彼女も又然り!何と言っても存在感があり魅力的な人です。

でも、仕事の重圧から深刻な病気になり、辛い経験していた時期もあります。そんなAさんが、病気を乗り越えただけでなく、自分の夢を実現して生き生きとした姿を見せてくれたのは、本当に嬉しかったです。そして、久しぶりにワークをして感じたのは、彼女は本当に多くのことを乗り越えて素敵に成長しているということでした。こんなに嬉しいことはありません。本当に良く来てくれたなと思います。ありがとう、Aさん。

昨日の満月瞑想会のエネルギーは、軽やかな雰囲気の中にも神聖さが満ちあふれ、新しいエネルギーといいますか、新しい何かに触れていたような新鮮な体験でした。

そんな時は、言葉はいらないですね…

私達にとって重要な意味を持つようなタイミングでは、仲間同士分かち合ったり、祈ったりしながら、大いなる宇宙とそして母なるガイヤに、私達の方から愛の波動を送ることが本当に大切だなと感じます。

参加して下さった皆さま、本当にありがとうございました。

愛と感謝をこめて…

 

私は愛されたい

「自分は愛されている」ということを受け取らない限り、欠乏は終わらない。

私は、今ようやく「私は愛されたい」という心の声を聴くとともに、このことを理解するに当たりました。

こんなことを言うなんて、実はとっても恥ずかしいです。

何故ならば、「私には必要ありません」という生き方をしてきた者にとって、これを受け容れるのは決して簡単なことではなく…

多くの人にお伝えしてきたことでもあり、今更何を言っているのだろうという感じで自分でも情けないくらいです。

そして、これ以上色言葉にすることは只今出来ません。

 

これに気づくためにどれほど果てしない旅をして来たとだろうと思います。

しかし、今まで理解出来ずにいた様々な癒しが日常生活で生れ、ワークする安全なスペースがあることに心から感謝です。

 

そして、新らたな世界へと進んでいかなければならないだろうと感じます。

 

明日は、魚座の満月…

静寂に包まれて、魂の声を聴きながら大いなる無限の世界へと向かいましょう。

 

 

写真 (16)