ハートの目覚め 蟹座新月

6月13日11時49分ごろ、私たちに大切なメッセージを伝える新月が空高く昇ります。これは、蟹座の新月。夏至のエネルギーは、私たちを篩いにかけ、新たな誕生を迎えようとする母なるガイヤのバイブレーションで更なる目覚めを促しました。この美しすぎる光に抵抗するなど到底出来ません。だからこそ、この蟹座新月は私たちのハートに訴えかけてくるのです。あなたが本当に望むものは何なのか?この人生で最も大切にしたいことは何であるのか…私たちは、本当に自分自身に正直にならなければならないでしょう。また、未だに後生大事に持ち続けている心の傷を埋め合わせようとする古いやり方や感情はもうこれ以上持ち続けているのは安全とは言えません。変化に心を開いて、真っ直ぐ前を向いて進んでいく準備をしましょう。

過去でも未来でもない今に意識を向けリラックスしていれば、すべてと調和し、あらゆることが最善であることが分かります。蟹座の新月のエネルギー、そこに調和する惑星のエネルギーを受け取りながら、私たち一人ひとりの魂を光輝やかせ、真実の思いを聖なる意思を宇宙に発信しましょう。

 

 

―新月瞑想会のご案内―

日時:7月13日(金)19:00~21:00

会場:吉祥寺商工会議所第4会議室

テーマ:全き心

参加費:3,000円

ファシリテーター:富士 ふじ子

 

 

 

お問合せ・お申込みはこちらから!皆さまのご参加、心よりお待ち申し上げています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏至の日に…

夏至が過ぎ、初夏の訪れとともにエネルギーはすっかり変わり、6月ももう終わりに近づいています。ここから2018年の流れが加速していくと言われますが、この今に全力を尽くすこと以外考えられないような気さえしています。けれどもそんな折、近ごろ貴重なサポートを頂く機会が多くなっていることに気づきました。私は仕事がら、人様のサポートをさせて頂く立場になることが多いのですが、ここのところ、まるで天の計らいのように私をサポートして下さる方が目の前に現れる、そんな有難いご縁に恵まれています。

 

今日は、先日の夏至の日にセッションをして頂いたあるお方についてのお話を…

 

その方とは、Knob Nakamura 通称 Knob(ノブ )さんと言います。Knobさんは、オーストラリアアボリジニ民族の文化、世界最古の楽器とされるディジュリドゥという木笛や、縄文時代から伝わる岩笛(神笛)などによる演奏を通して音楽活動をされています。また、地球への祈りや世界平和に向けて数々のご神事をされる中、国内のみならず海外でも様々な活動をされていらっしゃいます。

 

IMG_9148

 

そのKnobさんが、個人に向けてのセッションをご提供されていることを知り、ご依頼しましたところ、何と夏至にセッションして頂けることになりました。

 

その時の体験談ですが、あまりに素晴らしく言葉にすることなど到底出来ません。しかし、感謝の気持ちだけはお伝えしたい思い、頑張ってシェアしたいと思います。この数年、イベントなどで私は何度もKnobさんの活動を拝見させて頂ていますが、それは全身全霊で真心を尽くし音が奏でる創造の世界と私たちの魂を響き合わせるという、まさに神業であり、その人でしか成しえない天命を全うされるお姿でした。

しかし、この日のセッションは、全く持ってこれまで目にしてきたご神事そのまま…私が感じたのは、どれほど多くの人がいてもいなくても、何処にいようとも今その瞬間に在って、神聖なる祈りを音に、あらゆるすべての命を紡いでいくという響きそのものでした。そのご神事とも言えるセッションを、私たち一人ひとりにご用意して下さるのが Knobさんです。

 

私は、響き渡る音に身を委ね天界へと導かれました。それを感じることが出来る幸せ。この喜びのためにすべてがあったのだなと感じている自分がいました。静寂の中で感じられる喜び、生きている悦びを感じそして涙しました。

 

IMG_9048 (4)

 

Knobさんのセッションは、宇宙に存在する最も高い周波数を音にして、私たちの中に眠る60兆を超える命を覚醒へと向かっていく素晴らしいお導きのように感じます。本当に生きながらにして、このような素晴らしい体験が出来るとは夢のようです。

それ故、このセッションを受け取ったなら、かけがえのないこの命を輝かせ、天命を全うする以外にありません。私は、大きなお役目を持つ方やご自分の使命を全うしようとする方、人生で大きな変容を望まれている皆様に、是非ともKnobさんのサポートを受け取って頂きたいなと思いました。

 

 

IMG_9149

 

6月21日は、息子の20歳となる記念日でもありましたが、この良き日に私は生命の原点に立ち還ることが出来ました。黄金色の光に包まれ、この上ない至福を受け取りました。

 

謹んで、心より感謝申し上げます。

Knobさん、本当に本当にありがとうございました。

 

富士 ふじ子

 

 

 

 

 

 

 

満月瞑想会のご案内

夏至が過ぎ、大きくエネルギーが変わったことで、パワフルな時期に入っていきます。

28日は、山羊座の満月です。新たなビジョンに向かい最善を尽くしていくために、このパワフルなエネルギーを分かち合い、受け取っていきましょう。

この満月は、あなたの使命という分野フォーカスします。人生で、あなたが果たすへぎお役目とは何か!

夏至を過ぎ、流れは更に加速します。私たち一人ひとりがこの世に生まれてきた目的を果たす時が来ているように感じます。それほどまでに、人生にコミットメントし、その責任を果たそうという人には、閉じていたドアが開き始め新たな才能が与えれようとすると時期でもあります。

また、所属するグループや組織、コミュニティなどを通じての人との関わりや自分の立ち位置などを再確認するに相応しい時です。

この山羊座満月のエネルギーを受け取って、あなたの果たすべき使命に向かっていきましょう。

先日一週間のシャスタ山ツアーを終え無事帰って来ましたので、シャスタのお話もしたいと思っています。皆さまのご参加お待ちしています。

【満月の瞑想会】

日時 : 6月28日(木) 19:00〜21:00

会場 : 吉祥寺駅徒歩5分(お申込後お知らせします)

テーマ : ミッションを受け取る

参加費 : 3,000円

ファシリテーター : 富士 ふじ子

シャスタ山の偉大なる愛

シャスタツアー終了!今回も素晴らしい旅となりましたが、私は、5回目にして何か大きなものを受け取ってしまったような… 人生での貴重な経験をさせて頂く旅となりました。いつも訪れる度にシャスタの素晴らしさに出逢うのですが、神聖なる自然界からの叡智やパワーをこんなにも頂いたことはありません。

シャスタは、常にシフトをしており、行くだけで変容をもたらすパワフルなエネルギーに満ち溢れています。シャスタのエネルギーは、無条件の愛そのものであり、その偉大なる愛で訪れる人を全面的に受け容れるのです。

夏至前という絶好のタイミングにより、新緑を飾る美しき森と湖の静寂で神聖なるエネルギーは、私達の生命に新たな息吹を与えてくれました。

私たちは、一つの存在であり、すべてとつながっている…シャスタに行くと、それを実感せずにはいられません。しかし、自然が織り成す時空間と響き合い、旅の準備をどのくらいしたのかによって、お山の神様や精霊たちはそれに応えてくれるます。シャスタ山とそこに住む精霊たちは、誰がこの地を訪れるのか知っているのです。今回の旅は、その真実を私たちに見せてくれました。

上の写真は、標高2,400mにあるメディスンレイクを写したもの。本当に美しく綺麗です。その昔、ネイティブ・アメリカンの人びとが癒しや祈りのための儀式を行っていた場所。メディスンというだけあって、この水のパワーには驚きました。

沐浴を楽しむにはまだ早いと感じる陽気ではありましたが、私たちはあまりに澄んだ水に吸い込まれ、遂に湖に浸かりました。すると、疲れが取れて身体が軽くなり楽になっていくのでした。そして、私たち以外に人はいないという、何という贅沢な時間…

下の写真は、キャッスルレイク!レムリア時代に神殿があったとされる聖地で、2年前の冬に訪れた時には大量の積雪により、氷の世界と化していました。凍った湖の上を歩いて、向こう側に渡るというのも格別でしたが、その同じ場所で、今度は湖に浸かるという、これも又感慨深い思いを胸にしました。

そして、キャッスルレイクという場所も本当にパワフルでミラクルなエネルギーに満ち溢れ、私たちはその恩恵に預かるこの上ない至福を受け取ったのです。

この写真の女性は、今回一週間の旅をご一緒させて頂いたアマミ舞創始者、花柳鶴寿賀先生です。長きに渡り日本各地、世界中の聖地巡礼をなさって来られた鶴先生のお姿、神秘に満ちた瞬間に立ち会い、深い祈りの中で人生のご褒美となるような経験をさせて頂きました。

この度は、ここシャスタで貴重な時間を過ごし、多くを学ばせて頂きまして、心より感謝申し上げます。聖なるシャスタ山は、鶴先生を労い、これまでなさって来られた地球への貢献に対し、無条件の愛で応えて下さっていたように感じます。

お山は、先生を待っていたのだと思います。

森の中で歌い、祈り、舞い、古の時と同じように、鶴先生のなさる事すべてが素敵なすてきな御神事でした。

そして、今回のツアーに参加して下さった素敵な皆さん!心から、ありがとうございます。この喜びを分かち合えることに感謝です。何だか、恒例になってしまいそうな気もいたしますが、まずは、ここから始まる皆さまの新たな人生に祝福を送ります。

最後にいつもながら、私たちを大きなハートで受け容れ、最光のお持て成しをして下さるStoney Blook Innオーナーのスサナさんをはじめ、素晴らしいの旅をガイドして下さる奥 裕子さん、トミーさんに、更にはこのツアーに関わって下さった皆さまに心から感謝いたします。

誠に、誠にありがとうございました。

PS : 夏至を目の前に、気持ちの上では、この旅を一旦完了したいと思います。また時間のある時に、旅の様子をブログに綴ろう思います。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

Fujikoより愛を込めて

ふたご座新月…From Mt.Shasta

おはようございます。新しい始まりの日に初夏を迎えたシャスタ山より挨拶いたします。

旅のお話はゆっくりお伝えしようと思っています。でも、今の心境を書き表したくて…

今日は、ふたご座の新月。

この大切な時を聖なるシャスタ山に滞在し、素晴らしいエネルギーとつながっている今に心から感謝しています。

シャスタは常にシフトしている場所!それを自然界はパワフルに現実化しており、私たち人間の目覚めをより一層促しているように感じます。

未来は、私たち一人ひとりの選択にかかっている!そういうことが、これから益々明確にされていくでしょう。

シャスタは今ここ、という意識に私たちを立ち返らせ、心の目で物事を見るようリセットします。

そして、本当に力強い光が降り注いでいるのも確かです。

それは、愛のパワー!

静寂と慈悲の中で生まれる偉大なる愛のパワーで私たちは今育まれ、もっと新しい何かに突き動かされています。

シャスタへGo!

流れが加速しています。

6月に入り一週間が過ぎたのですね!何だか、今まで乗ったことのない素敵な乗り物に乗っているかのようで、このワクワク感がたまりません。

とにかくスピードが早い!だけど、重厚感と安定感があり乗り心地は最高…

観る世界がどんどん、美しく輝いていく。けれど、すべてが輝いていなくてもいい…気にしない。とにかく、ビュンビュン変化していくのに任せよう。

一年のちょうど半分が過ぎて中間地点にたどり着いた私たち。そして、ここで調整が入り、目標地点を再確認するタイミング。夏至を目の前に、しっかりと準備しなくちゃ…そして、明日からシャスタです。5度目のシャスタに行ってきます!

天河

昨晩は、東京にいながらにして天河へと…天河大辯財天社 遷宮30周年を祝うイベント『天河』に足を運びました。その『天河』は、観る人に深いそして大きな感動を与えていました。

 

 

一部では、龍村 仁監督の作品『天河交響曲』が上映され、その後Knobさん大倉正之助さんの献奏がありました。素晴らしい音の共鳴は、自我の意識から遠く離れて、古の記憶に誘われたかのような不思議な感覚が…

そして二部では、ここではお名前を省略させて頂きますが、素晴らしい豪華表現者の皆さんが生み出した力強い感動の世界が繰り広げられ…魂が揺すぶられるほどの見事なパフォーマンスを観せて頂きました。

 

 

とても深い体験でしたので言葉にならないのですが、今何か心が動いているようです。私たちは本来、天や宇宙から許されているのではないでしょうか!語ること、唄うこと、踊り、祈る、舞う、音を奏でること、この肉体を通して分かち合い表現すること、そのすべてを…

その喜びや至福を感じる心を失ってはいないだろうか!昨晩受け取った周波数の音霊から、私はそんなメッセージを受け取りました。

”だからこそ私たちは今、目覚める時たのだ!日本人よ、今こそ目覚めよ!”

昨晩『天河』に出演された皆さんは、そう訴えかけていた様に感じます。

本当にありがとうございました。

 

 

実はこの夏、私も久しぶりに天河弁財天に参ります。8月、この遷宮30周年いう大きな節目に、30年間に渡り天河に祈りの舞を奉納し続けて来た花柳 鶴寿賀先生始め、アマミ舞メンバーが舞をご奉納するのというお役目を仰せつかっているからです。8月を前に、昨日天河とつながり貴重な経験をさせて頂いたことは、私にとって深い意味を持つと今感じています。

最後に、一部で上映された『天河交響曲』の中で、天河大辨財天社 柿坂神酒之祐 宮司様が語られていたお言葉をご紹介します。私は、このお言葉がとても心に残っています。

宮司様はこの様に仰っていました…

『心決まれば、現実が動く』

『心定まれば、完璧に成就する』

 

 

 

イベント終了後、外に出て空を見上げると、満月を感じさせるようなお月様が輝いていました。もうすぐ満月…パワフルなエネルギーを運んでくるようです。

最後まで、お読み下さりありがとうございました。